育毛レーザー人気

育毛レーザーブラシで男女兼用の人気機種!

育毛のためにレーザーを利用する考え方は、海外から入ってきた手法ですが、以前から日本を含め海外でも炎症や傷の回復を早めるために医療分野で利用されてきました。

 

サイトの下で概要を説明していますが、レーザーの中でも低出力レーザーは「血行促進作用」と「細胞活性化作用」があるといわれています。(手術メス、脱毛などに利用されるものは「高出力レーザー」になります。)
それを頭皮と育毛に重要な毛包(毛根、毛髪を包み込んでいる組織)を活性化する目的で、海外で育毛のためのレーザー療法として研究が進み利用されるようになってきました。

 

クリニックの大型機器を、家庭用に小型化したのが、育毛レーザーブラシで海外で人気になり日本にも入ってきています。
海外ではクリニックでの育毛治療と併用して、育毛レーザーブラシを貸し出ししていると聞きます、そして、日本でも育毛レーザーブラシを11万円程度で販売している育毛専門クリニックも出始めているようです。(通販はしていませんが、クリニックのサイト内に育毛レーザーブラシがのっていました。)

 

海外では、レーザーでの育毛は週3回程度を推奨しているようですが、クリニックの低主力レーザー治療費は安くありませんので、そういう理由でも家庭用の育毛レーザーブラシが大人気になったのではないかと思われます。

 

そこで、日本で人気の育毛レーザーブラシを探して、更に割引販売されている機種をのせました。

 

下の機種は、どちらも人気の育毛レーザーブラシで男女兼用です

 米国で大人気の育毛レーザーブラシ『ヘアレーザーX5』 

値 段:定価75,800円 ⇒ 45,000円

 

 

【ヘアーレーザーX5】正規輸入販売店公式サイトで確認する⇒

【 特 徴 】
@ アメリカで大人気で輸入されだした低出力育毛レーザーブラシ。
A 低出力レーザーは血行促進作用と細胞活性化作用があるといわれている。
B 95%以上の人が使って1ヵ月後には、何らかの効果を実感し始めているそうです。
C 低出力レーザーの照射範囲が他の商品の2倍あるそうです。
D ネット販売大手インフォトップ「育毛ジャンルで売上1位」の人気機種。
   (現在、2〜4週間の入荷待ち状態で予約受付をしているようです。)
E 男女兼用の育毛レーザーブラシ。
F この育毛レーザーブラシは育毛剤と併用できる。
G 充電式の育毛レーザーブラシ。(持ち運びできるので旅行先でも、いつでもつかえる。)
H 宅配伝票の名前は「ご依頼品」で送るそうなので、家族にも育毛レーザーブラシとは知られない。
I メーカーと契約した正規輸入品なので1年間の修理保証と日本国内向け仕様品で日本語マニュアルが付いている。
* 現在、値段は割引中の上、ランニングコストほぼ0円なので、毎月購入する育毛剤よりも経済的。

 日本人向けの育毛レーザーブラシ『ヘアーレーザープレミアム』 

値 段:定価69,800円 ⇒ 45,000円

 

 

【ヘアーレーザープレミアム】正規販売店公式サイトで確認する⇒

【 特 徴 】
@  外国人より皮脂分泌が少ない「日本人の頭皮に合うように研究開発」された低出力育毛レーザーブラシ。
A 日本人の頭皮に合った波長の低周波に設定済みなので、調整しなくてもいい。
B 使用者の満足度96%とのことです。(自社アンケート)
C 注文が多いので注文してから届くまで10日〜2週間かかるとのことです。
D 男女兼用の育毛レーザーブラシです。
E ISO9001取得、国際認証2種取得、PSEマーク取得をしているので安全。
F この育毛レーザーブラシは育毛剤と併用できる。
G 充電式の育毛レーザーブラシ。(持ち運びできるので旅行先でも、いつでもつかえる。)
H 宅配伝票の名前は「ご依頼品」で送るそうなので、家族にも育毛レーザーブラシとは知られない。
I 故障に対して1年間の交換保証が付いている。
* 低出力レーザーは血行促進作用と細胞活性化作用があるといわれている。
* 現在、値段は割引中の上、ランニングコストほぼ0円なので、毎月購入する育毛剤よりも経済的。

人気育毛レーザーブラシの効果を更にアップするには!

育毛専門クリニックへ通いながらのレーザー育毛ではなく、自宅で自分で人気の育毛レーザーブラシを使って育毛をするなら、自分で薄毛改善に効果的な環境をととのえることで、その効果をアップさせながら使いましょう。(クリニックでの注射や薬剤の処方が無いためです。)

人気の育毛レーザーブラシの効果を更にアップするには、
  1. 毛根に必要な栄養を多く取り入れる:食習慣の改善 ⇒ 元々偏食気味で栄養がかたよっている人は血流を改善しても毛根に必要な栄養が不足しています。
  2. 毛髪の成長を助ける生活習慣に変える:生活習慣の改善 ⇒ 毛髪と頭皮に厳しい環境での頭皮ケアでは効果も相殺されて頭皮ケアの意味がありません。
  3. 最低でも6ヶ月間は継続する ⇒ 育毛治療を専門に扱うクリニックでも1クール(治療期間)は6ヶ月かかります。個人で行うなら最低6ヶ月〜1年は継続することを前提にしましょう。

この3つが重要になります。

先ほども書きましたが、
育毛治療を専門に行うクリニックでも、「頭皮の血流を良くすること」と一緒に「毛根に必要な栄養を錠剤(サプリメントなども併用)や直接頭皮に注入(育毛メソセラピー治療)する」などして頭皮環境を整え、自らの発毛力を回復できるようになるまで1クール(治療期間)6ヶ月が必要としています。(3ヶ月程度で兆候が現れてくるようです。)

 

上の1〜2に関しての具体的な方法ですが、
育毛専門クリニックのサイトなどを色々調べた結果の「人気の育毛レーザーブラシと相性の良い生活習慣」は、サイトの一番下にのせていますので、参考にしてください。

育毛のためのレーザーとは!

育毛のためのレーザーというのは、一部の育毛専門クリニックで行っている専用の低出力レーザー照射機器を使って行う低出力レーザーでの育毛方法のことです。

 

この低出力レーザーは、元々「細胞の新陳代謝活性化や血行の改善」などの効果から、医療分野で「腫れ・炎症の改善」や「傷の治療」などに使われてきましたので、全く新しいものではなく以前から使われてきていたものです。

 

その効果を利用して、最近、低出力レーザーを使って

● 「頭皮の血流を高め、毛根に栄養を多く運ぶ
● 「毛髪の発育に重要な毛包細胞を活性化する
ことで、頭皮環境を改善して発毛・育毛効果を高るという目的から、一部の育毛専門クリニックでも使われ始めています。(海外から入ってきた手法です。)

 

育毛専門クリニックでの薄毛改善、育毛の基本は、「狂って短くなったヘアサイクル(毛周期:発毛⇒成長⇒生え変わり)」を、正常な状態に戻して、自分の発毛力をアップすることに重点を置いています。

 

そのために、育毛専門クリニックでは、「血流を良くすること」と一緒に「毛根に必要な栄養を錠剤や直接頭皮に注射する」などして頭皮環境を整えることをメインに治療をしています。

 

そのようなことからすると、低出力レーザーでの育毛は滞っていた頭皮の血行を改善することで毛根に必要な栄養を多く運び込み、更に弱っていた毛包組織を活性化することで頭皮環境を大きく改善することが可能なのではないかと考えられます。

 

低出力レーザーの研究が進んでいる海外ではレーザーでの育毛については、週3回程度行うことを勧めているようですので、家庭でできる育毛レーザーブラシが人気になっているようですし、海外の専門クリニックでは育毛レーザーブラシの貸し出しもしていると聞きます。(最近、日本の薄毛治療専門クリニックでも、育毛レーザーブラシを11万円程度で店頭販売しているクリニックを見つけました。クリニックのサイト内で確認しましたが、通販での販売はしていません。)


育毛にかかわらずレーザーは医療分野で人気?

海外(アメリカ、ロシア、ヨーロッパなど)では低出力レーザーが物理学的、生態学的に人体に与える影響(治療の有効性)について、薄毛・育毛分野(国際毛髪学会など)も含めて広い範囲の病気に対するメスを使わない先進医療として学会で多くの研究発表がされているということですが、日本では高出力レーザー(レーザーメス、永久脱毛など)は一般的になりつつあるものの低出力レーザーの研究については後進国と言っても良いほど遅れているようです。

 

しかし、日本でも近年やっと打撲、捻挫、関節炎、腰痛などの血行促進、痛み・炎症の軽減などから心身症、更年期障害、アトピー性皮膚炎、老人性痴呆症などの低出力レーザー治療研究も進み始めているようですが、それでも薄毛・育毛分野に関しての低出力レーザーの研究はほとんど全く行われていないようで、先進国と言われる国の中で(自由診療制度の遅れもあり)日本だけが置いてきぼりのような状態となってしまっているようです。

 

薄毛・脱毛治療の研究が進んでいる海外(アメリカ、ロシア、ヨーロッパなど)の医療(研究)機関での薄毛・脱毛治療については、プロペシアなどの副作用のある薬に比べて副作用がほとんどなく男女ともに一定の効果が認められると言われている低出力レーザー治療が最先端の治療と位置づけられているようです。

 

一方、日本では海外と異なり自由診療制度(健康保険適用外の先進医療)が進んでいないこともあり、いまだに健康保険が適用になるプロペシアなどの薬剤中心の治療で、それ以外の研究は全く進んでいない状況のようですが、今後、日本でも薄毛に悩む多くの男性・女性のために、この分野の研究が少なくとも海外並みに進展することを願います。

 

海外で低出力レーザー研究が進んでいる国においても、低出力レーザー治療は、まだ発展途中段階(全ての周波数と、その照射時間における効果の解明には、まだまだ研究と実験が必要。)とのことで、薄毛・育毛関係も含めた様々な病気の治療について今後の更なる研究とともに確立された先進医療になっていくと期待されているようです。

 

 

頭皮への低出力レーザー(ローレベルレーザー:LLLT)について

低出力レーザーの頭皮への影響(効果)については、まだ研究の発展段階で全てが解明されたわけではありませんが、低出力レーザーのある一定の周波数は、頭皮の奥まで影響して毛包組織(毛包:髪の元となる毛根を生成し、髪を抜けないように維持する。)を再生して炎症を治癒できるといわれています。

 

低出力レーザーの波長は、その照射により細胞組織が正常に活動するために必要なタンパク質をつくる元となるアデノシン3リン酸(ATP)が増えることで、照射した部分の細胞の活動を活発にするようです。

 

低出力レーザーの照射により、血流改善作用と細胞代謝の活発化が可能であると推定され、それにより衰弱した毛包を健全な状態へ導く役割をしているようです。

 

また、血流が改善することで毛包に必要な栄養を供給できるようになる一方で、毛髪の大敵であるDHT(ジヒドロテストステロン:男性ホルモンの一つであるテストステロンが体内の酵素によって変化したもので、毛乳頭などの細胞に結合すると、抜け毛を促すと言われています。この物質を受け入れる受容体を遺伝子として多く持つ人がagaです。)などの老廃物を除去してくれると考えられています。

人気の育毛レーザーブラシと相性の良い生活習慣

薄毛や抜け毛の原因も「ストレス」「生活習慣」「食習慣」や「間違った頭皮ケア」など色々あります。

 

人気の育毛レーザーブラシと、次の習慣を併用することで頭皮環境の改善効果が強まり、育毛効果が高まります。

 

ぜひ、育毛レーザーブラシを使う際には、一緒に行ってみてください。

 

  1. 自分なりのストレス解消法(趣味)を見つける。
  2.  

  3. 脂っぽい食事が多い人や偏食ぎみの人は、野菜や海草を含めたバランスのいい食事を心がける。(毎日野菜ジュースを飲むことでも可)
  4.  

  5. 髪の毛は、昼ではなく夜成長するので、寝不足や夜更かしをせずに、夜は髪の毛が十分成長できる環境を整える。(10〜11時までに就寝)
  6.  

  7. 薄毛の原因の一つに男性ホルモンが関係しているので、女性ホルモンに近い働きをする大豆イソフラボンの入った豆乳などを飲む。
  8.  

  9. 毎日洗髪(頭皮を洗う)して清潔に保つことは重要ですが、頭皮に必要な皮脂まで落としすぎないように、頭皮に優しい植物系洗浄成分のシャンプーを使う。
  10.  

  11. 髪を傷めるヘアドライヤーなどの使用は、短時間にすませる。(可能な限り使わない方が良い。)
  12.  

  13. 夜の洗髪後はドライヤーを使わず自然乾燥させる。(頭皮への育毛剤使用は可)
  14.  

  15. AGAの人の場合は、専門クリニックでAGA治療薬の処方を受けながら頭皮ケアを行う。(aga検査など、下のリンク先サイトが参考になります。)

 

agaの症状を専門病院に確認しましたが、20〜25歳程で頭皮が透けてみえるほどの薄毛状態の人に、aga検査を勧めているそうです。基本的に30歳を過ぎてからの薄毛の人は、agaの可能性が非常に少ないので、病院ではaga検査を勧めていないとのことでした。
なお、20歳代でagaの可能性が疑われる人は、治療開始が遅れるほど回復の可能性が下がるようですので、悩むより早めに病院で検査を受けた方がよいそうです。

 

agaではないかと気になる人は、agaを含めた薄毛の専門病院の中で、人気のある病院の治療方法・治療費を比較している下のサイトを参考にしてください。

aga専門病院での治療費を比較しているサイト!